アンティキティラ島の機械

アンティキティラ島の機械

紀元前に当時の技術で作られたとされているこの遺物は、歯車を組み合わせたなんらかの装置であり、一説には天文の計算機とされている。

アンティキティラ島の機械(アンティキティラとうのきかい、希: Μηχανισμός των Αντικυθήρων、Mechanismós ton Antikythíron)は、発掘(沈没船からサルベージ)された、古代ギリシア時代に作られた歯車式機械で、復原されたその機構から、天体運行を計算するために作られたものと推定されている。

この機械は1901年にアンティキティラの沈没船から回収された。ただし、その複雑さや重要性は何十年もの間気づかれることがなかった。紀元前150 – 100年に製作されたと考えられており、同様な複雑さを持った技術工芸品は、その1000年後まで現れることはなかった。

フランスの海洋学者ジャック=イヴ・クストーは1978年に最後に沈没船を訪れている。しかし、「アンティキティラ島の機械」の残りの部分を発見するには至らなかった。アンティキティラ島の機械に関する最新の研究を指導しているカーディフ大学のマイケル・エドマンド教授は「この装置はこの種のものとしては抜きん出ている。デザインは美しく、天文学から見ても非常に正確に出来ている。機械の作りにはただ驚嘆させられるばかりだ。これを作った者は恐ろしく丁寧な仕事をした。歴史的にまた希少価値から見て、私はこの機械はモナ・リザよりも価値があると言わねばならない」としている。

実物はアテネ国立考古学博物館の青銅器時代区画にデレク・デ・ソーラ・プライスによる復元品と共に展示されている。その他の復元品は米国モンタナ州ボーズマンのアメリカ計算機博物館、マンハッタン子供博物館に収められている。

wikipedia – アンティきティラ島の機械より

二千年以上前にこのような装置を作ることは可能だったのだろうか。謎は深まるが果たして。

画像引用元:Marsyas

3 Comments

  • 匿名

    4月 21, 2018 at 11:50 pm

    世界最古のアナログコンピューターね

  • 匿名

    4月 25, 2018 at 12:26 pm

    ギリシャって今より昔の方が賢いんじゃね!

    匿名

    4月 30, 2018 at 9:35 am

    どうして2000年前のものってわかったん?無知なワイに教えて欲しい

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.