坂出タケノコ掘り女児行方不明事件

坂出タケノコ掘り女児行方不明事件

2005年4月29日、坂出市五色台ビジターセンターにて、タケノコ掘りイベントが開催された。その最中に大西有紀ちゃん(5歳)が行方不明となった事件である。

イベントは13時に開催された。
13時40分頃、有紀ちゃんは「もう一本取ってくる」と母に告げ、竹林へ走っていった。これが有紀ちゃん最後の目撃例となる。
集合時間間近になっても有紀ちゃんが戻ってこなかったため、他の参加者とともに捜索するも、発見できず。
15時に警察に連絡。15時45分から21時頃まで現場周辺の捜索にあたったが、発見には至らなかった。

事件後、連日100〜200人、延べ3000人動員して捜索にあたった。それにもかかわらず遺留品の一つすら一切発見できていない。
警察犬を導入するも、ある場所でピタリと動きを止め動かなくなってしまった。他の警察犬も同じ場所で止まってしまったという。
有紀ちゃんは一体どこへ行ってしまったのか・・・?

error

3 Comments

  • 匿名

    8月 13, 2018 at 7:07 pm

    犬でもダメだったのか・・・上空?

  • 匿名

    8月 14, 2018 at 5:17 pm

    普通に誘拐じゃないかなあ
    子供を誘拐する輩はほんとクズだな

    匿名

    8月 14, 2018 at 10:57 pm

    一説にはワシに連れ去られたとか

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください