ヒンターカイフェック事件

   ,   3

ヒンターカイフェック事件

1922年3月31日、ヴァイトホーフェン近郊の小さな農場で殺人事件が起きた。これがドイツ史上最も謎の多い事件として有名なヒンターカイフェック事件である。
実際に事件が発覚したのは4月4日。事件の日に何が起きたのかは正確にはわかっていない。

凶器はツルハシで、その被害者は次の6名。
– アンドレアス・グルーバー(63歳)
– ツェツィーリア(妻、72歳)
– ヴィクトリア・ガブリエル(娘、未亡人、35歳)
– ツェツィーリア(娘の長女、7歳)
– ヨーゼフ(娘の長男、2歳)
– マリア・バウムガルトナー(使用人、44歳)
殺害場所は、グルーバー夫妻とヴィクトリア、長女のツェツィーリアは納屋で。母の寝室で寝ていたヨーゼフと使用人室のマリアはそれぞれの部屋で殺されていた。

事件の6ヶ月前、使用人がやめていた。その理由が農場が何かに取り憑かれているというものだった。

事件の2、3日前にアンドレアスは「森から農場へと続く怪しい足跡を見つけた」「屋根裏から足音のような音がする」という話を隣人たちに話していた。隣人たちは警察に相談するように進めたが、ああいう連中とは関わりたくないと言っていた。

犯人は犯行後何日間か、農場の牛や鶏に餌を与え、台所にて食事をしていた可能性があった。

4月4日、ミュンヘン警察が屋根裏で足音を消すための藁、覗き穴、寝床などを発見。何者かがいたのは間違いないと結論づけた。

警察は当初、物取りの犯行と考えていたが、母屋からは多額の現金が発見されており、この可能性は低い。
その後有力な成果は上がらず、1955年に捜査は打ち切られる。
事件は今も謎に包まれている・・・

3 Comments

  • 匿名

    8月 16, 2018 at 7:55 am

    浮浪者か何かか・・・

  • 匿名

    8月 22, 2018 at 8:58 pm

    屋根裏に居た痕跡ってマジ怖くないか?

    匿名

    8月 25, 2018 at 12:07 pm

    どこの国であろうと一家殺人事件て胸糞わるいな

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.