國松警察庁長官狙撃事件

國松警察庁長官狙撃事件

国松警察庁長官狙撃事件は、1995年3月30日に起こった警察組織のトップが拳銃で襲撃されるという前代未聞のテロ事件である。

地下鉄サリン事件の10日後という時期から一般的には広くオウム真理教の仕業であるとされて来たが、実際のところは当のオウムが唯一関与を否定した事件でもある。
概要は以下の通りである。

1995年(平成7年)3月30日午前8時31分頃、國松孝次警察庁長官が出勤のため東京都荒川区南千住の自宅マンションを出たところ、付近で待ち伏せていた男が拳銃を4回発砲。國松長官はそのうち3発を腹部などに受け、全治1年6ヵ月の瀕死の重傷を負った。男は自転車で逃走し、現場からは、朝鮮人民軍のバッジや大韓民国の10ウォン硬貨が見つかったという。

狙撃から1時間後にテレビ朝日に電話がかかる。電話の声は、國松長官に続く次のターゲットとして、井上幸彦警視総監や大森義夫内閣情報調査室長らの名前を挙げて、教団への捜査を止めるように脅迫した。10日前の3月20日に地下鉄サリン事件が発生し、オウム真理教に嫌疑が向けられて8日前の3月22日に、オウム真理教関連施設への一斉強制捜査が行われていた。

國松長官は手術中に心臓が3度も止まり危篤状態にまで陥ったが、2ヵ月半後には公務へ復帰した。

銃を発砲した犯人は黒っぽいレインコートに白いマスクをし、黒っぽい帽子を被っていたとされている。

wikipedia-警察庁長官狙撃事件より

犯人については諸説あるが主なものを以下に挙げる。
①オウム真理教説
②北朝鮮工作員説
③暴力団員説
④中村泰説

ここでは④の中村泰(なかむらやすし)説を詳しく見ていこうと思う。
この説が公に広く語られるようになったのはNHKスペシャル「未解決事件・追跡プロジェクト」の放送に依るところが大きい。
番組宛に別件で収監中の中村泰(事件当時60代)から「自らが事件の犯人である」と手紙が来たという。彼の証言には犯人しか知り得ない秘密の暴露が複数含まれていたというのである。
例えば、銃や実際に使われた珍しいホローポイント弾の入手先、また犯行後乗り捨てた自転車やその後の足取りなど矛盾なく犯人の証拠と成り得るのだ。
また彼は海外で銃撃の本格的な経験を積んでおり、別の銃撃事件を実際に起こした犯人でもある。
真犯人だったとしてなんら不思議は無いのではないだろうか。

事件から15年後の2010年(平成22年)3月30日。この事件は殺人未遂罪の公訴時効という形で未解決事件として一旦の終結となった。
だが未解決でありながら警視庁が「この事件はオウム一派の犯行であった」旨の会見を行ったことでも話題となった。

平成犯罪史に残るこの事件。本当の犯人は一体何者であったのだろうかーー

error

4 Comments

  • 匿名

    9月 6, 2018 at 2:53 am

    オウム信者だった元巡査が長官を撃ったってみんな信じてなかったっけ
    真犯人別人だったのかよ…

  • 匿名

    9月 8, 2018 at 5:22 pm

    隠れ蓑だったんか

    匿名

    9月 13, 2018 at 1:14 am

    おー。今テレビでやってる。

    匿名

    9月 15, 2018 at 12:20 am

    苫米地氏がオウム信者だった元警察官に自白させたっていう動画報道されてたよね。
    もし中村が犯人ならあれはなんだったんだろう。洗脳の専門家苫米地氏が逆に洗脳して記憶をインセプションしたってことなんかねえ。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください