スーパープルーム

   ,   3

スーパープルーム

地球は地殻とマントルと核の層によって構成されている。それぞれの動きによって生じた摩擦熱で岩石が溶けてマグマとなり、地殻とマントルの間に生じたマグマは火山の噴火として地表に出る。一方、核とマントルの間にできたマグマは逃げ場がなくなり巨大な塊となる。この巨大な塊が起こす垂直方向の対流運動(プルーム)をスーパープルームという。
スーパープルームはマントルの最深部と核の外殻によって生じた巨大な上昇流スーパーホットプルームと、地殻のプレートが大規模にマントルに落ち込む下降流スーパーコールドプルームの2種類がある。

2億5100万年前、地球に4度目の大量絶滅が起きた。過去最大規模のこの大量絶滅で全生物の94〜98%が絶滅したという。この結果を引き起こした原因はスーパープルームであった。現在のシベリア辺り(シベリアントラップ)で、噴火口の大きさは直径1,000キロメートル。爆発で吹っ飛んだ面積だけでもほぼヨーロッパの面積に匹敵する150万平方キロ。噴出された溶岩やマグマは1億キロ立方メートルにもなったという。
もし、今の地球でこの現象が生じたら・・・

3 Comments

  • 匿名

    5月 29, 2018 at 6:59 am

    それまで30%程度あった酸素濃度が一気に10%まで減少して、この異常低酸素(スーパーイノキシア)時代は実に2000万年に渡って続いたとのこと

  • 匿名

    5月 30, 2018 at 6:41 am

    全生物の94〜98%が絶滅とかとんでもないな・・・

    匿名

    6月 4, 2018 at 1:43 am

    ペルム紀の大量絶滅の原因てこれだったのか?

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.