セイリッシュ海足首大量漂着事件

セイリッシュ海足首大量漂着事件

一度や二度だけならば偶然ということもあるだろうか。しかし10件以上にもなると…

これはカナダとアメリカの国境に位置するセイリッシュ海で起きた未解決の遺体漂着事件である。
全くもって不思議なことに、見つかっているのはなんと足だけだった。

2007年8月20日以降、カナダとアメリカの国境にあたるセイリッシュ海(英語版)で身元・死因が不明な人間の足が、他の部位を伴わない形で相次いで発見されている未解決事件である。

足は5人の男性、1人の女性、性別不明の3人のものとの確認がなされているのみである。カナダのブリティッシュコロンビア州でみつかった11本の足のうち左足は2本だけであり、そのどちらも対になる右足が見つかっている。2012年2月の時点で、身元が判明したのは4人の人間からなる5本の足だけであり、残りの足が誰のものかは不明なままである。

wikipedia-セイリッシュ海における人間の足の発見 より

2007年に初めて足が見つかって以来新しいものだと2018年5月にも発見されており、現在進行中で起きているこの未解決事件。
果たして偶然なのだろうか。或いは何者かが何らかの理由で意図的に行なっているのだろうか…

3 Comments

  • 匿名

    7月 17, 2018 at 9:34 pm

    スマトラ沖地震で流された被害者が海流に乗ってここまで流されたっていう説もあるよね
    なんで足だけなのかは知らないけど

  • 匿名

    7月 18, 2018 at 6:56 am

    つい最近も見つかったんか

    匿名

    7月 20, 2018 at 2:58 am

    残りは全部食われた。だから足だけが…って無理ある?

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.