鉄仮面の男

鉄仮面の男

鉄仮面の男とはフランス、バスティーユ牢獄に1703年まで収監されていた男のことである。その男は頭を鉄仮面ですっぽり覆ったまま幽閉されていたのだという。

1669年、ルイ14世の大臣からピネローロ監獄の監獄長サン・マールに預けられた。
1698年、サン・マールの転任とともにバスティーユ牢獄へ移送された。
サン・マール自らその男の世話をしていたという。
人前で仮面を取ろうとすれば即殺害の指示が出ていたため、監獄内でその素顔を知っているものは誰もいなかった。
1703年11月19日に死亡。マルショワリーという偽名にて葬られた。その際彼の所有物などは全て破棄された。

果たしてこの男は一体何者だったのであろうか?
それには諸説あり、以下のようなものである。

  1. ルイ14世の義妹オルレアン公爵夫人エリザベート・シャルロットは、ウィリアム3世暗殺未遂(フェンウィック)事件(1696年)に関わったイギリス貴族(ジャコバイト)だと主張した。
  2. ヴォルテールは、宰相ジュール・マザランとルイ13世妃アンヌ・ドートリッシュの息子で、ルイ14世の庶兄であるとした。デュマはこの説を双子の兄にして『鉄仮面』を書いた。鉄仮面を扱った映画には、ルイ14世と鉄仮面の男が最終的に入れ替わるものもある。
  3. 1801年にナポレオンの支持者に広まった説では、囚人はルイ14世本人で、マザランによって扱いやすい替え玉と取り替えられたという。この話には、囚人が獄中で子供を作り、その子が後にコルシカ島へ行き、ナポレオンの先祖になるという尾ひれも付いている。
  4. アーサー・バーンズ(Arthur Barnes)の『仮面の男』(The Man of the Mask, 1908年)によれば、チャールズ2世の庶子ジェームス・ド・ラ・クローシュ(James de la Cloche)であるという。この人物はフランスとの連絡役を務めていたが、イギリスとの関係の露呈を恐れたルイ14世によって監禁されたという。
  5. マルセル・パニョル(Marcel Pagnol)の『鉄仮面の秘密』(Le Secret du masque de fer, 1965年)は、アーサー・バーンズ説とは異なり、実はジェームズ・ド・ラ・クローシュはルイ14世の双子の兄弟で、この男を鉄仮面の正体としている。
  6. ハリー・トンプソン(Harry Thompson(英語版), 1960 – 2005)の『鉄仮面―歴史に封印された男』(The Man in the Iron Mask: A Historical Detective Investigation, 1987年)によれば、仮面の男の正体はルイ14世の異母兄ユスターシュ・ドージェ(Eustache Dauger)であるという。これは現在主流とされている説である。
  7. 軍歴史学者ルイ・ジェンドロン(Louis Gendron)が、1890年にある暗号化された一連の手紙をフランス軍暗号局のエティエンヌ・バゼリーズに解読させたところ、ルイ14世の暗号係ロシノールにより作成された暗号文であることが判明し、その内の1つには、逮捕されたヴィヴィアン・ド・ビュロンド(Vivien de Bulonde)将軍とその罪に関する事柄が記されていた。それによると、ルイ14世は、オーストリアで軍需物質、傷病兵を置き去りにして退却した罪で将軍をピネローロ要塞に収監することを命令し、彼を「個室に監禁し、昼間は**(暗号未解読部分)の条件のもとで胸壁を歩くことを許す」と指示していた。この「暗号未解読部分」を「仮面」と解釈することで、ビュロンド将軍=鉄仮面説が流布されたが、年代等の矛盾により現在ではほとんど支持されていない。

wikipedia – 鉄仮面より

そのほかにも、マザラン枢機卿の会計係だったという説もある。金の出処についての秘密を知ってしまったため、脅されたのだという。
果たして・・・

2 Comments

  • 匿名

    10月 6, 2018 at 3:11 pm

    実際、どんな時でもつけてたわけじゃないとか
    しかも布だったとか

  • 匿名

    10月 12, 2018 at 4:06 pm

    この時代ってさ、国王の顔とかって実はほとんど誰も知らないんだよな。テレビがあるわけでもないし。
    てことは身近な対象にむけて顔を隠してたってことになる。

    いずれにせよこいつが本当にルイ14世だったら歴史は大きく変わるよな。

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.