人体自然発火現象

   ,   3

人体自然発火現象

人体が突然燃え出す現象のこと。SHC(Spontaneous Human Combustion)と呼ばれる。この現象による被害者は世界各地で報告されている。

「人体自然発火現象」という呼称は基本的に、人体が燃えてしまった状態で発見された事例に対してさまざまな判断が加えられて用いられている。「燃えてしまった人の周囲には火気がなかった」などの理由により「人間が自然に発火した」と判断した人が、その事例にこの呼称を用いている。

ある人が友人や同僚の家や仕事場に行ってみたら、その友人や同僚の身体が一部ないしほとんどが燃えてしまった状態で発見され、なおかつ周りには火の気が無く、人体の周囲だけが焦げ、部屋全体は燃えておらず、しかも人体そのものはほんの一部を残して炭化ないし焼失してしまっている状態で発見された、といったような事件が発生している。

wikipedia-人体自然発火現象より

原因については諸説推察されている。

・アルコール大量摂取による発火説
・リンによる発火説
・プラズマ発火説
・人体ロウソク化による発火説
・人体帯電説
・発火性遺伝子による発火説
など

3 Comments

  • 匿名

    5月 9, 2018 at 10:52 am

    xfileやな

  • 匿名

    5月 9, 2018 at 5:16 pm

    待って、アルコール大量摂取すると発火するん?

    匿名

    5月 11, 2018 at 1:07 am

    焼死って悲惨だよな

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.