テレゴニー

   ,   3

テレゴニー

ある女性がある男性と性行為をする。その後女性は別の男性と結婚し、その男性と子供をもうける。
すると産まれてきた子供は昔の男の特徴を引き継いでいる。それがテレゴニーという考え方である。

テレゴニーは19世紀後半まで広く信じられてきた。だが証拠などは特になかった。
そのため、そう言ったオカルトじみた話を人は否定するようになっていった。

しかし近年、テレゴニーに類する現象が報告された。

ニューサウスウェールズ大学のグループはテレゴニーに類似の現象を初めてハエで発見した。その結果は2013年のリスボンで行われた第14回ヨーロッパ進化生物学会で発表された。

スタンフォード大学のレオナルド・ハーゼンバーグ教授は1979年に胎児のDNAが妊娠によって母親の胎内に残る事を最初に証明した。フレッド・ハッチンソン癌研究センターは2012年に胎児のDNAが脳関門を通過し、母親の脳内に残る事が珍しくない事を明らかにした。同じ年にレイデン大学医療センターは以前の妊娠で母親の体に入った胎児のDNAが年下の兄弟の中にも入る事を指摘した。

上記の事実から一部の科学者はテレゴニーを説明できる分子生物学的メカニズムを提唱している。そのメカニズムとは精子による女性生殖器内の体細胞への侵入、妊娠による胎児の細胞を経由したDNAの結合、精子から放出されたDNAの母体体細胞への取り込み、母体血中に存在する胎児のDNAによる影響、体細胞への外来性DNAの編入、精子や胎児に含まれるRNAによるエピジェネティクスな非メンデル遺伝などである。

つまり女性は過去経験した男性のDNAを引き継いでいるかもしれないのだ。

3 Comments

  • 匿名

    7月 23, 2018 at 9:02 pm

    なんと

  • 匿名

    7月 24, 2018 at 3:17 pm

    嫁と子供作るのが怖くなりました

    匿名

    7月 24, 2018 at 9:31 pm

    オカルトだよ

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.