技術的特異点

   , ,   4

技術的特異点

技術の発展により高度化された人工知能(AI)がより高度な技術を生み出し、それによってさらに高度化されたAIが生み出される。このように次々と指数関数的に技術が高度化する。結果人類では予測解読不可能な未来が訪れると言われている。その起点となる最初の人工知能を作り出すポイントを技術的特異点(シンギュラリティ)と呼ぶ。

技術的特異点は、汎用人工知能(en:artificial general intelligence AGI)、あるいは「強い人工知能」や人間の知能増幅が可能となったときに起こるとされている出来事であり、ひとたび優れた知性が創造された後、再帰的に更に優れた知性が創造され、人間の想像力が及ばない超越的な知性が誕生するという仮説である。フューチャリストらによれば、特異点の後では科学技術の進歩を支配するのは、人類ではなく強い人工知能やポストヒューマンであり、従ってこれまでの人類の傾向に基づいた人類技術の進歩予測は通用しなくなると考えられている。

中略

技術的特異点が到来する可能性については様々な意見が存在するが、多数の人がこの予測を肯定的に捉え、その実現のために活動している。一方で、技術的特異点は人類にとっては危険であり、回避するべきと考える人々もいる。実際に技術的特異点を発生させる方法や、技術的特異点の社会的影響、人類にとって理想的な形で技術的特異点を迎える方法などが研究されている。また、技術的特異点に近付くにつれて、人工知能を開発・運用する組織とそれ以外で極端な経済格差が顕在化すると予測されており、その経済格差を是正し緩和するための施策としてベーシック・インカム(または「誰でも受け取れる」という意味を込めて「ユニバーサル・ベーシック・インカム」と呼ばれることも)の導入が議論されるようになった。

中略

指数関数的な技術進歩のモデルである収穫加速の法則に従い登場する技術が社会に与える影響を考えると、技術的特異点が到来する以前の時代においても社会に大きな変化が起きることが予測できる。特に、PEZY Computing代表の齊藤元章により、計算機のシミュレーション能力の向上に伴って、次々と難解な社会問題が解決され始め、2025年頃にプレ・シンギュラリティ(前特異点,社会的特異点)と呼ばれる社会的な変化が顕在化することが予測されている。その後は、莫大な計算資源に支えられた特化型人工知能による強力な支援により、人類が「不労・不老」の時代を迎えるとされている。

wikipedia-技術的特異点より

果たして本当にこのような未来が待っているのだろうか?
その時我々はどう行動するべきなのだろうか?

4 Comments

  • 匿名

    5月 14, 2018 at 9:57 am

    外部からのインプットが人間である以上、人工知能が人間を超えることはないとか言われてるけどどうなるか

  • 匿名

    5月 14, 2018 at 2:39 pm

    最近AIの進化の速度が上がってない?すぐシンギュラリティ来そう

    匿名

    5月 15, 2018 at 10:14 am

    こいこい早くこい

    匿名

    5月 16, 2018 at 10:07 am

    プレまでもう10年を切っているのか

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.