芽殖孤虫

   ,   3

芽殖孤虫

寄生されたら致死率100%という最凶の虫がいる。
芽殖孤虫(がしょくこちゅう)と呼ばれるその寄生虫は本当に謎が多くその生態はほとんど解明されていない。

まず、その成虫を見た者は未だかつて居ない。孤虫というのは成虫が不明という意味であり、現在見つかっているものは全て幼虫なのである。そしてその幼虫が恐ろしいのだ。
そもそも芽殖孤虫は人間という宿主を使わずに他の「何か」の生き物の中で成虫になうと言われている。なにかのはずみで人間に寄生してしまった芽殖孤虫は成虫になれず幼虫のまま増殖を繰り返し人体に深刻なダメージを与えるのだ。

しかもこの最凶・最悪の寄生虫、なんと最も発見例が多いのは日本なのである。その数こそ十数件と少ないが(もっとも他の国を併せても数える程しか見つかっていない)、一例も救命できた試しが無い。本当に、寄生されたら一巻の終わりなのである。

「幼虫だけが見つかっているUMA」である芽殖孤虫ーー本当の宿主は一体何なのか、成虫はどんな姿なのか、解明が待たれる。

3 Comments

  • 匿名

    6月 23, 2018 at 12:22 pm

    人間に寄生しちゃうと行き場を失って体の中で暴れまわるってことか?
    クソこえーじゃん

  • 匿名

    6月 24, 2018 at 3:55 am

    こんなやばい寄生虫なら最強の生物兵器になるだろ
    おっと誰か来たみたいだ

    匿名

    6月 26, 2018 at 11:55 am

    怖すぎやば

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.