M資金

   ,   3

M資金

我が国には戦後から現在に到るまで続いている「M資金詐欺」というものが存在している。
M資金という一種の都市伝説めいたものがその詐欺の源泉なのだがーー

M資金(エムしきん)とは、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)が占領下の日本で接収した財産などを基に、現在も極秘に運用されていると噂される秘密資金である。Mは、GHQ経済科学局の第2代局長であった少将ウィリアム・マーカットの頭文字とするのが定説となっている。その他にマッカーサー、MSA協定、フリーメーソン (Freemason) などの頭文字とする説などがある。

M資金の存在が公的に確認された事は一度もない。M資金をふくむ様々な秘密資金を詐欺で語る手口が存在し、著名な企業や実業家がこの詐欺に遭い、自殺者まで出したことで一般人の間でも有名になった。過去にはその被害を企業の不祥事としてフィクサーがぶち上げるケースもあった。逆に報道により実態をうやむやにするケースもあった。

中略

第二次世界大戦終戦時の混乱期に、大量の貴金属やダイヤモンドなどの宝石類を含む軍需物資が、保管されていた日銀地下金庫から秘密裏に流用されていた隠退蔵物資事件や、件の日銀地下金庫にGHQのマーカット少将指揮の部隊が調査・押収に訪れた際に、彼らによる隠匿があったとされた事件などが発生した。

GHQの管理下に置かれた押収資産は、戦後復興・賠償にほぼ費やされたとされるが、資金の流れには不透明な部分があり、これが“M資金”に関する噂の根拠となった。他には、終戦直前に旧日本軍が東京湾の越中島海底に隠匿していた、大量の貴金属地金が1946年4月6日に米軍によって発見された事件や、終戦直後に各種の軍需物資が隠匿され、闇市を通じて流出していた時期の鮮明な記憶が噂の真実味を醸し出していた。

wikipedia-M資金より

昭和30年代から続いている詐欺にも関わらず、未だに被害者は後を絶たない。中には社会的地位の高い人物が詐欺に遭うこともあるのだという。
一体何故無くならないのだろうか。それは、実際にM資金が存在しているからかもしれない。

3 Comments

  • 匿名

    5月 29, 2018 at 1:15 am

    M資金は一説には4500兆円だってな。
    俺にくれ。

  • 匿名

    5月 29, 2018 at 7:03 am

    未だになのか。もう今なんかはよっぽど詐欺にしか見えない気がするが

    匿名

    6月 2, 2018 at 3:49 am

    徳川埋蔵金とM資金はいつまでも消えなそうな希ガス

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.