Morangos com Acucarウイルス

Morangos com Acucarウイルス

ポルトガルで放送されたドラマ「Morangos com Acucar」において、学校内でウイルスがばら撒かれるというエピソードが放映された。
その致死性ウイルスによって校内がパニックに陥るというストーリーであったが、これを機に実際にポルトガル内の学校で同様の症状を訴える生徒たちが続出したのである。

画面を通してウイルス感染するというと一見荒唐無稽な話だが、医療機関の診察では身体症状として実際に罹患していたといういうのだ。

これはウイルスのせいではなく、思い込みによる集団ヒステリーの一種ではないかと言われている。
だとすると画面越しに人々を操れるという一例だということにもなってしまうのだが…
真相は如何に。

3 Comments

  • 匿名

    6月 26, 2018 at 11:52 am

    はいはいテレビは洗脳装置。

  • 匿名

    6月 26, 2018 at 8:57 pm

    思い込みの力ってすごいな

    匿名

    6月 30, 2018 at 7:48 pm

    実際に似たようなウイルスが撒かれてたっていうオチはありえん?

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.