フィラデルフィア計画

   ,   3

フィラデルフィア計画

第二次世界大戦中ペンシルベニア州フィラデルフィア沖合で行われたとされる、アメリカ海軍のステルス実験(正式名称『レインボー・プロジェクト』)のこと。
ニコラ・テスラが考案したプロジェクトの一環。駆逐艦エルドリッジの磁気をテスラコイルで消滅させることでレーダーに映らなくするという実験を行った。その結果、エルドリッジが瞬間移動し、乗組員が突然発火したり、甲板にのめり込んだ入りした。

1943年10月28日、ペンシルベニア州フィラデルフィアの海上に浮かぶ「エルドリッジ」を使って、遂に大規模な実験が秘密裏に行われた。

当時は第二次世界大戦の真っ只中であり、実験目的は新しい秘密兵器「磁場発生装置テスラコイル」を使い、「レーダーに対して不可視化する」というものであった。 テスラコイルの高周波によってレーダー波を無効化する為の装置としてエルドリッジの船内には多くの電気実験機器が搭載されており、そのスイッチを入れると強力な磁場が発生し、駆逐艦がレーダーから認められなくなった(その時にレーダー波がエルドリッジへ向けて照射された事を意味する)。まさにその時、実験は成功したかのように見えたが、不可思議な現象が起こる。実験の開始と共に海面から緑色の光が湧き出し、次第にエルドリッジを覆っていったのである。次の瞬間、艦は浮き上がり発光体は幾重にも艦を包み、見る見る姿はぼやけて完全に目の前から消えてしまった。

「実験開始直後に、駆逐艦はレーダーから姿を消す」、ここまでは実験参加者達の予定通りであった。しかし直後にエルドリッジは「レーダーから」どころか物理的に姿を消してしまい、おまけに2,500km以上も離れたノーフォークにまで瞬間移動してしまっていたのである。それから数分後、またもや発光体に包まれ艦はもとの場所に瞬間移動した。

再び戻ってきたエルドリッジだが、驚くべきことに乗員は、次のような惨状に陥っていた。

・体が突然燃え上がった
・衣服だけが船体に焼き付けられた
・甲板に体が溶け込んだ
・発火した計器から火が移り、火だるまになった
・突然凍り付いた(冷凍化)
・半身だけ透明になった
・壁の中に吸い込まれた
・体が物体にのめり込んだ
また、生き残った乗組員も精神に異常をきたし、エルドリッジの内部は、まさに地獄絵図の如くであった。唯一、影響を受けなかったのは、鉄の隔壁に守られた機械室にいた、一部のエンジニアたちだけだった。

こうして実験自体は成功したが、「行方不明・死亡16人、発狂者6人」という、取り返しのつかない結果になった。このことに恐れおののいた海軍上層部は、この極秘実験を隠蔽したといわれている。

wikipedia-フィラデルフィア計画

1956年にモーリス・ケッチャム・ジェサップによってこの実験の概要が明るみに出る。しかしモーリスはその3年後に自殺してしまう。
この実験は果たして本当に起きたことなのか、それとも何かを隠蔽したい意図があったのだろうか・・・。

3 Comments

  • 匿名

    5月 10, 2018 at 10:04 am

    ステルス実験ではなくテスラコイルを使った消磁実験で、磁気を取り除くことで機雷の被害を防ぐためらしい

  • 匿名

    5月 10, 2018 at 4:08 pm

    テスラが絡んでるってことは瞬間移動でも実験してたんじゃね

      匿名

      5月 12, 2018 at 7:23 pm

      この駆逐艦は瞬間移動したんだってば

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.