アヌンナキ

アヌンナキ

人類に文明をもたらしたとも言われる謎多き存在で、宇宙人だったともされるアヌンナキ。

アヌンナキ (Anunnaki) あるいはアヌナキ (Anunaki) 、アヌンナク (Anunnaku) 、アナナキ (Ananaki)とは、シュメールおよびアッカドの神話に関係する神々の集団であり、「アヌンナ (Annuna) 」(五十柱の偉大なる神々)と「イギギ (Igigi) 」(小さな神々)という言葉が合わさったものである。

wikipedia-アヌンナキより

最も古い文明のひとつとされるシュメール人達がなぜあんなにも高度に発達した文化を所持していたのか。それには明らかに人ならぬ高次の存在の関与があったのではないか。
アヌンナキとは、ただの神話上の架空の集団なのだろうか。それとも…

3 Comments

  • 匿名

    4月 27, 2018 at 9:26 am

    アヌンナキって何万年も生きるとか言うじゃん
    てことはシュメールにいろいろ教えた奴まだ地球にいるんじゃねw

  • 匿名

    4月 28, 2018 at 1:13 am

    中学校の頃同級生にクソ物知りな曽根君ていたんだけど多分あいつアヌンナキ

    匿名

    5月 1, 2018 at 8:25 am

    人類はこうして作られたのだ

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.