ブラックナイト衛星

ブラックナイト衛星

宇宙人が地球を監視するために飛ばしたとされる謎の衛星。1万3千年前から存在していると言われている。

ブラックナイトは、太古の昔より地球の静止衛星軌道上に存在していた、と推測されています。スコットランドの天文学者であるダンカン・ルナン氏が、ブラックナイトから発せられる電波信号を解析したところによると、電波は13000年前から発せられており、衛星を操る発信源は、「うしかい座のイプシロン星系」にあることが判明したとのことです。これをそのまま信じて想像すると、ブラックナイト・サテライトは異星の知的生命体の偵察機か探査機か基地かということが考えられる。
 または、実は「地球製」で、「太陽系の秘密」を知られたくない、独占したいNASAが他国の宇宙開発ミッションを妨害するために密かに運用する人工衛星なのかもしれません。

『NASAが隠蔽する失われた火星文明~これだけの証拠』2016年1月 稲垣潔 双葉社より

果たしてこれは衛星なのか、UFOなのか。真相は謎のままである。

5 Comments

  • 匿名

    4月 26, 2018 at 9:47 am

    デブリじゃねーの

  • 匿名

    4月 26, 2018 at 1:22 pm

    ばかうけなんじゃないすかね

    匿名

    4月 27, 2018 at 9:08 am

    どっかの国が打ち上げたとか

    匿名

    5月 11, 2018 at 1:09 am

    カーズ様的な何か

    匿名

    5月 11, 2018 at 11:19 am

    探査機の位置は月と地球のトロヤ点(ラグランジュ点のL4またはL5)だとするらしい

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.