EMドライブ

   ,   4

EMドライブ

燃料を必要としない宇宙エンジンがある。なんら推進剤を必要とせずに推力を生み出すとされている。それがEMドライブ、電磁(ElectroMagnetic)推進システムである。2016年11月17日にNASAによって実験的証拠が発表された。

EMドライブはマイクロ波を密封された容器の中で反射させ、電力を推力に変える変える仕組みである。これを利用することでエンジンの軽量化につながり、火星まで70日で行けるようになるという。

しかしながらこのEMドライブ、実際に動くもののその原理が全くわからないらしい。なんとニュートンの第3法則である作用反作用の法則と運動量保存の法則と矛盾するというのだ。

EMドライブは、マイクロ波を円錐形の鏡の密閉容器内で反射させるという機構からなるシステムである。その原理は2017年現在解明されていないが、既存のロケットエンジンやイオンエンジンが推進剤を噴射する反作用で加速するのとは異なり、推進剤を用いず推進力が得られるとしている。これは、太陽電池などで電力を確保できれば、半永久的に加速が続けられることを意味しており、実現するのであれば画期的な推進機関になると考えられている。

一方で、外部とのやり取りをせずに推進力を得られるという主張に対しては、運動量保存の法則に反しているとの激しい批判も寄せられている。永久機関や異星人の宇宙船、反重力装置などの疑似科学の一種だとする科学者も多く、英国政府の援助も打ち切りとなっている。

2016年、推力発生のメカニズムにウンルー効果が関わっているのでないかという仮説が提案された。ただし、この仮説は光子が質量を持ち、真空中の光速が変化するとする仮定に立脚しているため、主流科学とは大きく乖離している。さらに、ウンルー効果は理論的に予言されているものの、実験的な検証の目処は2017年現在たっていない。ウンルー効果の他には、電磁波の波としての干渉が関わっていて推進力が生じているとする説もある。

wikipedia-EMドライブより

各国で試験報告がなされているこのエンジンが実現されれば宇宙旅行もより現実的な話になるのではないだろうか。未だその原理は解明されていないが、次の展開が非常に楽しみである。

4 Comments

  • 匿名

    6月 5, 2018 at 6:27 am

    ついに人類自身が火星にいけるか

  • 匿名

    6月 6, 2018 at 6:02 am

    わからないけど動くってすごい

    匿名

    6月 13, 2018 at 6:55 am

    実用化はよ

    匿名

    6月 18, 2018 at 1:16 am

    70日で火星にいけるなら俺にもワンチャンあるな。

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.