日ユ同祖論

日ユ同祖論

日本人である大和民族とユダヤ人が同じ祖先を持っている、という説がある。
古代イスラエルにはもともと12支族あったのだが、2支族を残しあとの10支族は行方がわからなくなってしまった。その一部が日本に辿り着き、先住の日本民族と同化したというのだ。

証拠としてあげられるのが
・祭りや紋章が似通っている
・ヘブライ語と日本語に共通点が多い
等であるが、特に諏訪地方や秦氏との関係が深いと言われている。

単なる偶然の一致であると見る向きもあるが果たして…

6 Comments

  • 匿名

    4月 29, 2018 at 12:25 pm

    イスラエルのモリヤという山。諏訪の守屋山。これは!

  • 匿名

    4月 30, 2018 at 9:30 am

    10支族のうちカド族と関係が深いんだっけ
    帝(ミカド)って「カドの主」って意味があるとかなんとか

    匿名

    4月 30, 2018 at 5:37 pm

    確かに六芒星とイスラエルの国旗は似ている
    がよくみる形と言えなくもないような

    匿名

    5月 10, 2018 at 6:54 pm

    アークが神輿なんだっけね

    三柱鳥居 | 東京謎伝説

    7月 28, 2018 at 8:58 am

    […] 木嶋神社の三柱鳥居は秦氏が作ったものとされている。 秦氏といえば日ユ同祖論で語られる古代イスラエルの失われた10支族のひとつであり、日本にユダヤの影響をもたらした一族だと言われている。 秦氏の信奉していた原始キリスト教の『絶対三神(父なる神・精霊・イエス)』を表しているとも言われているのがこの三柱鳥居なのである。 日本においては神を「柱」と数えるため、三柱が三神であることは矛盾せずある意味この説は理にかなっているとも言えよう。 […]

    徐福伝説 | 東京謎伝説

    10月 10, 2018 at 4:12 pm

    […]  東京謎伝説日ユ同祖論https://nazo.shakk.net/nichiyu/日本人である大和民族とユダヤ人が同じ祖先を持っている、という説がある。古代イスラエルにはもともと12支族あったのだが、2支族 […]

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.