甲府UFO事件

   ,   3

甲府UFO事件

世界各地で度々確認されているUFO。もちろん日本でも様々な場所で確認されている。その中でも最も有名なUFO目撃事件、それが甲府UFO事件である。
1975年、山梨県甲府市で小学生がUFOと宇宙人を目撃したというのである。

1975年2月23日午後6時頃、帰宅途中だった甲府市立山城小学校の男子児童2名が、オレンジ色のUFOを発見したことが始まりであったとされる。

児童の話によるとUFOは彼らを追いかけるような飛行をし、2人は逃げて物陰に隠れたという。これにより児童はUFOを見失った。その後、2人はブドウ畑に降り立ったUFOを再度発見したと伝え、機体からはチョコレート色でしわしわの「のっぺらぼう」状態をした搭乗者が現れたと話した。児童のうち1名は背後に回りこんだ搭乗者に肩をたたかれ、その場で恐怖のあまり座り込んでしまい、もう1人はその場から逃げて家族を呼びに行ったが、家族が駆けつけたときには搭乗者は姿を消していた。児童1人の母親は空に銀色の物体がくるくる回転していたと証言した。また父親は消えかかる光を見た、と述べた。

これらの報告を受けて放射能の専門技師である前田進は現地の調査を行った。その結果、UFOが着陸していたとされる場所からは人工的な残留放射能を検出したと一部のマスコミが報道した。半減期が短い事が人工と考える根拠とされている。

目撃した児童と家族の具体的な証言にくわえ、甲府市環境センターの管理人がぶどう畑から飛行物体が飛び立つのを目撃した証言や、UFO着陸現場付近を車で走行中だった保険外交員の女性が、その搭乗者らしき人物と遭遇した証言等(7年後の1982年に証言)があり、以下に示される調査結果が出されている。また当時親の転勤で甲府市に住んでいた作家の景山民夫も、飛行物体を目撃したと証言している。

wikipedia-甲府事件より

現場の葡萄畑ではコンクリート柱が折られていたという。
果たしてこれは子供のいたずらなのか、それとも・・・

3 Comments

  • 匿名

    6月 4, 2018 at 6:41 am

    オレンジ色の光なら俺も昔家の窓から見えたわ
    あれ絶対UFOだわ

  • 匿名

    6月 5, 2018 at 1:56 am

    景山民夫が目撃したの?
    だって宗教に狂っちゃった人じゃん…お察し

    匿名

    6月 6, 2018 at 6:04 am

    チョコレート色っていうのがステレオタイプとちょっと違う気がする

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.