バイカル湖

バイカル湖

世界最大の透明度を誇り、淡水量も世界一という巨大な三日月型のバイカル湖。
その類まれな自然環境によって世界遺産にも登録されているこの驚異の湖には忘れがたい悲劇とそれにまつわる都市伝説が存在している。

20世紀初頭ーーロシア革命によってソヴィエトが誕生しようとしていた頃のことである。
帝政ロシア側のいわゆる白軍と呼ばれる一向は数十万とも数百万とも言われるキャラバンとなって赤軍の追走を逃れバイカル湖に辿り着いた。

冬のバイカル湖は完全に凍結しており徒歩での横断は可能であった。
およそ25万とされる一団が湖面を行軍している途中、マイナス数十度の寒波が押し寄せ人々を飲み込んでしまったのだ。

同時に凍死した人々は春の訪れと共に湖底に沈んで行ったという。
またその時白軍が所持していた大量のロマノフ金貨も沈んだとされている。

この美しくも悲劇のバイカル湖の底には、数え切れないほどの財宝が眠っているのだろうか。
悲劇の死を遂げた数十万の魂と共に…

2 Comments

  • 匿名

    7月 16, 2018 at 2:08 pm

    バイカル湖って深さ1000m以上あるもんな…
    その辺の海よりよっぽど潜るの大変な気がする

  • 匿名

    7月 16, 2018 at 4:17 pm

    昔は難しくても技術の向上によって探せるようになりそうね

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.