コインチェックNEM流出事件

コインチェックNEM流出事件

仮想通貨ブームに沸く2018年1月、日本において史上最大の仮想通貨流出事件が起きた。
ビットコイン、アルトコインの売買で巨額の利益を得ていた取引所「コインチェック」から何者かが580億円相当のNEMを盗み出したのだ。

2018年1月26日 00:02:13から08:26:13にかけて、コインチェックが保持している仮想通貨のうちNEM(ネム)(通貨記号はXEM)建ての顧客資産がクラッキングにより取引所から外部に送金されさらに別口座に移転されてほぼ100%流出してしまう事態が発生した。

11:25、同社はこれをNEM残高激減から認識し、11:58より順次取引を停止して告知し、警視庁と金融庁に報告して原因究明に当たった。また、NEMを推進するNEM財団や国内外のNEM取引所に、流出NEM資産の追跡や売買停止を要請した。しかしその後、NEM財団とコミュニケーションが取れていない一部取引所で交換が行われて100億円規模で漏れ出すことになったことを、NEM財団のマクドナルド副代表も認めている。

NEMのシステムは、ハードフォークという非常手段をもっている。しかし、NEM財団は本事件にNEMの欠陥は認めず、流出事件発生前に巻き戻すことはなかった。

ほとんどの仮想通貨の入出金および売買そして資産の日本円出金もできなくなっていると知った顧客の間で大騒ぎとなり、午後から深夜に至るまで東京都渋谷区の本社前は、顧客数十人、報道陣、警察官、見物人でごった返し、「2億返せ」「どうなっているんだ」などと怒鳴る人もいた。

同日23:30、同社が記者会見を開き、5億2,300万XEM、検知時のレート換算で約580億円が不正に流出した事実と、原因を調査中であることを説明し、取引一時停止で迷惑をかけていることを謝罪した。

金融庁は同日、同社から事情聴取を行った。

wikipedia-コインチェックより

その後犯人のウォレットアドレスからは方々に盗難NEMが移動され、ホワイトハッカーと呼ばれる有志の追跡を受けるも数ヶ月かけて結局は全てが他通貨に交換・譲渡・換金されてしまった。犯人は逃げ切ったのだ。

公式発表によると、従業員のPCに送られてきたメールを開いたことによりウィルスに感染、そこから遠隔操作でウォレットの秘密鍵が盗まれ外部に送金を許してしまったとのことだ。
しかし、過去に例を見ない規模の盗難事件故に様々な憶測が飛び交う事態となっている。

一体この事件の犯人は何者なのだろうか。国際的な巨大犯罪組織の仕業か、それとも…

4 Comments

  • 匿名

    5月 18, 2018 at 2:10 am

    犯人は他のアドレスに送金する際にメッセージとしていくつか文章を残してる
    その中に暗号化されてない日本語があったんだけど、国際犯罪に見せかけた日本人の犯行か?

  • 匿名

    5月 18, 2018 at 10:37 am

    犯人グループのSNSアカウントが、コインチェックの中の人と半年くらい前から交流を持ってたとか聞いた

    匿名

    5月 19, 2018 at 3:00 am

    北朝鮮は結局関係なかったんかよ

    匿名

    5月 25, 2018 at 4:57 pm

    これのせいで相場滅茶苦茶になったわ
    nemホルダーじゃないけど許さん

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.