黄金比

黄金比
     2

黄金比

1:1.618ーーこの比率が意味するものを知っている人は多いのではないだろうか。そう、いわゆる黄金比と呼ばれるものだ。
この比率は特に美しいとされ、歴史上様々なものに用いられてきた。例えば、ピラミッド,パルテノン神殿といった建築物からミロのビーナスや様々な彫刻作品、著名な絵画にまで現れるという。

なぜ我々人間はそれらを美しいと思うのであろうか。それは自然界にこの比率が溢れているからだと言われている。黄金比を作り出す上で密接に関係しているフィボナッチ数列(1から始まり隣の数との和を並べていく数列)が、オウムガイや松ぼっくり、植物の葉脈やひまわりの種などに見て取れるのだ。

ではどうしてこれらの比率が自然界に溢れているのか、という点については未だはっきりとした説は無いのが現状だ。文字通り自然とそうなってしまったのだろうか?我々のまだ発見できていない物理法則の賜物なのだろうか?ーーそれとも何者かにコントロールされているのだろうか。

error

2 Comments

  • 匿名

    1月 22, 2020 at 12:19 am

    顔のパーツも黄金比だと美しく見えるっていうよな
    俺?聞くな

  • 匿名

    1月 22, 2020 at 12:38 am

    へそから上:へそから下
    これが黄金比だとナイススタイル。これ豆な。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください