MKウルトラ

   , ,   4

MKウルトラ

MKウルトラとはCIA主導で行われた洗脳人体実験である。

MKウルトラの前身は、統合諜報対象局(1945年設立)によるペーパークリップ作戦である。ペーパークリップ作戦とは、かつてナチ政権に関与した科学者を募集する目的で展開され、拷問、洗脳を研究していた研究者もいれば、ニュルンベルク裁判にて戦犯とされた者も存在した。

アメリカ政府が極秘裏に行った計画の中には、チャーター計画(1947年実施)やブルーバード計画(1950年実施、翌年アーティチョーク計画と改名)をはじめ、ペーパークリップ作戦から生まれた内容も多かった。

こうした中、朝鮮戦争での洗脳が注目されていた1953年4月13日、アレン・ダレスの命を受け、シドニー・ゴッドリーブを先頭にMKウルトラ計画が始まった。実験は、しばしば被験者の同意無く行われ、実験に関わった研究者でさえ、「計画の最終目的を知らされて無い事もあった」と言う。

冷戦下の1964年には「MKサーチ」と改名。自白剤を用いてソ連のスパイ容疑者を尋問したり、海軍では超音波を利用して記憶を消去する実験を行うなど54のサブ計画が存在した。しかし前述の通り、1973年にヘルムズ長官が計画の記録をほとんど破棄した為に、実験の全貌を解明することは、現在においても困難である。

この実験は失敗だったのだろうか。それとも…

4 Comments

  • 匿名

    4月 22, 2018 at 10:00 pm

    どうして破棄したのか

  • 匿名

    4月 23, 2018 at 11:41 pm

    洗脳の文脈で良く話題に上るよなこれ
    おそらく相当効果があったんだと思ってる

    匿名

    4月 27, 2018 at 3:30 am

    薬漬けにしたり他にもやばいことやりまくってたんだよな

    タビストック人間関係研究所 | 東京謎伝説

    10月 14, 2018 at 8:57 am

    […] 可能な技術を保持しており、それらはすでに諜報活動にて実地に応用されているとも言われ、目的のためには反社会的な手段の活用も辞さないとされる。 MKウルトラ、脳内音声兵器など。 […]

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.