ニューネッシー

   ,   4

ニューネッシー

日本人が発見したUMAであるニューネッシーは、太平洋上で発見されたUMAである。海外では「Zuiyo-maru carcass(瑞洋丸の死体)」と呼ばれる。

ニューネッシーとは、1977年4月25日午前10時40分(現地時間)、日本のトロール船「瑞洋丸」(2460トン、乗員87名)が太平洋上(ニュージーランドのクライストチャーチより東へ約50km離れた海域)で引き揚げた、巨大な腐乱死体。未知の生物(未確認動物)の死骸ではないかとしてマスコミの話題となった。

全長約10メートル、重さは1800キログラム、首の長さは1.5メートル。撮影された5枚の写真は多数のマスコミに大きく取り上げられ、その形態が首長竜に似た姿をしていたため、ネッシーにちなんで、ニュー・ネッシーと名づけられた。

瑞洋丸は商業漁船であり、「巨大な死体を積めないこと」と「激しい腐敗臭」を理由に、死体のヒゲ状物数本を除き、引き揚げられて1時間後に、死体は再び海中に投棄された。引き上げた瑞洋丸の船員の多くは「あの腐臭は、いかなる魚のそれとも異なっていた」と証言している。また、瑞洋丸の製造主任である矢野道彦はニューネッシーの写真を撮影している。

wikipedia-ニュー・ネッシーの頁より

古代生物の生き残りではないかなどの説もあるが果たして…?

4 Comments

  • 匿名

    4月 17, 2018 at 1:39 pm

    ネッシーって淡水生物だと思ってた。

  • 匿名

    4月 22, 2018 at 10:01 pm

    腐乱臭やばそう

    匿名

    4月 23, 2018 at 9:48 am

    原型をとどめてなくてなんだかわからん

    匿名

    5月 9, 2018 at 5:22 pm

    サメ。絶対サメ。

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.