バミューダ・トライアングル

   ,   4

バミューダ・トライアングル

このエリアでは不思議な事故が相次いでいる。海域で船が難破するだけでなく、航空機が消失するなどの事故も起きている。

バミューダトライアングル(Bermuda Triangle)は、フロリダ半島の先端と、大西洋にあるプエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ三角形の海域。昔から船や飛行機、もしくは、その乗務員のみが消えてしまうという伝説がある。この伝説に基づいて、多くのフィクション小説、映画、漫画などが製作されている。

超常現象を取り扱う雑誌や書籍やテレビ番組の報道によると、通過中の船舶や飛行機が突如何の痕跡も残さず消息を絶つ海域とされる。消息を絶つ直前にコンパスや計器の異常等の兆候があるとされる。100年以上前から100を超える船や飛行機、1000以上の人が消息不明となっているとされる。「魔の三角地帯(または三角海域、三角水域)」とも呼ばれている。

宇宙人説、ブラックホール説、マイクロバースト説などあるが果たして…?

4 Comments

  • 匿名

    4月 23, 2018 at 11:45 pm

    潮の流れがアレなんだよ。あと意外に座礁しやすい海底地形。空は知らん

  • 匿名

    4月 25, 2018 at 3:53 pm

    UFOが関係してるガチで

    匿名

    5月 9, 2018 at 5:28 pm

    フロリダには宇宙関連の施設があるから容易に偵察しにこれないように流された噂なんじゃないか?
    冷戦時にはキューバあたりにまでソ連機とかこれたわけだし

    キャロル・ディアリング号 | 東京謎伝説

    7月 25, 2018 at 6:23 am

    […] この原因として、バミューダトライアングルによるもの、暴動、海賊の襲撃などが考えられている。 失踪原因は未だ不明だが、暴動によるものというのが最も確からしいと推測されてい […]

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.