アッシリアの水晶レンズ

   ,   2

アッシリアの水晶レンズ

アッシリアの水晶レンズとは1853年にレイヤードという人物によって発見された世界最古のレンズである。紀元前800〜900年頃、古代アッシリアのニムルドという都市で発見とされている。

このレンズは長さ4.2 cm、幅3.45 cm、中心部の厚さが0.64 cmで、平凸レンズの形状をしている。その焦点距離は12 cm。 発見者のオースティン・ヘンリー・レヤードは「この小片は多くの不透明な青いガラス片の下から出土した。それらのガラスは朽ち果てた木製や象牙製の何かを覆っていた象嵌材の破片と考えられる」と報告している。実際には象嵌に使用されたものであり、レンズとしての効果は偶然の産物であるとの見解が有力である。

wikipedia-アッシリアの水晶レンズより

果たしてこれが世界最古のレンズなのか・・・

画像引用元:wikipedia-アッシリアの水晶レンズ(Geni CC BY SA)

2 Comments

  • 匿名

    5月 4, 2018 at 6:30 am

    ニムルードのレンズと同じもので、最古のレンズではない

  • 匿名

    5月 4, 2018 at 1:03 pm

    装飾ってことでおk?

コメントする

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.